カーポートはDIYで作れるのか?

DIYが好きな人の中には、カーポートを自作したいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかしカーポートは、エクステリアのDIYの中でもかなり難易度が高いものとされているので、躊躇している人も多いかもしれません。そこで今回は、千葉でカーポート工事を担当している私がDIYが可能なのかということや、比較的簡単に作れる方法について紹介します。

そもそもカーポートはDIYで作れるのかというと、やろうと思えばできないことはないと言えるでしょう。まず、カーポートには、ウッドデッキのように自作キットが販売されていないという現状があります。そのため、自作をするのであれば、「メーカーが販売している商品を直接入手して自分で組み立てる」か、または「自分で部材を選んで作る」という2つの方法に限られます。前者の場合は、プロが施工することを前提とした商品なので、素人にはハードルが高いですし、部材も重量があるため危険が伴う作業になるでしょう。それに商品の値段もそれなりに高いので、あまりDIY向きの方法ではないと言えます。しかし後者の場合は、軽い部材を使うなど、工夫次第では素人でも作ることが可能ですし、費用も大幅に抑えることができます。

では、自分で部材を選んで作る方法にはどんなものがあるのかというと、「単管パイプ」や「木材」を使うという方法があると言えるでしょう。「単管パイプ」は、工事現場の足場などにつかう金属製のパイプのことで、それを何本も組み合わせて、屋根にビニールシートを張ることでカーポートを作ることができます。支柱部分は、基礎石やコンクリートでしっかり固定する必要がありますが、庭のフェンスをDIYしたことがあるなら、同じ作業工程があるので比較的簡単にできるでしょう。「木材」を使ったものは、壁のない小屋のようなものを作ればいいため、ウッドデッキを作ったことがある人なら製作可能だと言えます。また木材を使う場合でも、支柱の固定は重要になるので、そこはしっかりとやっておきましょう。