案外と気づかない庭木の失敗

庭をきれいにしたいと思った時、まず植物を植えることが多いですね。その時、その後の手入れのことをそんなに思わずに植えてしまうことがあります。しかしその後に、やっぱりこんなことになり失敗だったと思う事も少なくありません。そこで、ここでは庭木の失敗についてお話します。

・大きな木は大変
大きな木があるとなんとなくいいと思い、植える事があります。しかし小さいときはいいのですが、大きくなった時に困ることがあるのです。その一つに、たびたび庭師の人にお世話をしてもらうことになり維持費が大変です。一回行っても、その後も季節ごとに行うこともあるからです。見た目はとてもいいのですが、そのことににより維持費が大変と思うことが多くなります。
また大きくなった木の場合は、となり近所の人の迷惑になってしまうこともあります。それはとなりの家まではみ出してしまうことがあるからです。となりの家に迷惑をかけることになり、そのことを監視することが必要となります。

・落ち葉で悩む
木を植えた時に、その木について十分に検討して植えることをおすすめします。それはなんといっても、落ち葉が大変だと困るからです。落ち葉により、いつも困ることになります。屋根に落ち葉が溜まってしまうこともあり屋根の劣化をすすめてしまうこともあります。
落ち葉については、気をつけてたびたび掃除をすることが必要となります。それも大変です。

・花の害虫に悩む
花をうえている場合は、その花がとても綺麗なので嬉しく感じる事でしょう。ところが、その花に害虫がついてしまうこともあります。うっかり触るとまけてしまうこともあり注意が必要です。綺麗だからといって、そのまま植えてしまうよりもきちんと検討して植えることをおすすめします。

・子供に安全な庭
庭では、子供やペットが遊ぶことがあります。その時、安心して遊ばせる事ができる庭だといいですね。そのことを想定して、安全な庭作りをしましょう。