ガーデニングのデザイン例

エクステリアDIYのガーデニングのデザイン例には、以下のような物があります。
「水道の外構工事をする」。
もとからあった水道に外構工事を施し、水受けを作るという物です。
周囲にレンガで囲いを作り、そこに砂利を敷き詰めます。
水道の周囲にはタイルを貼り付けることで、おしゃれな感じになります。
そのままの水道だと味気ない感じになってしまいますが、レンガと砂利を使うだけで一気におしゃれになります。
「ウッドプランターを手作りする」。
ちょっとした庭がある場合、直に植物を植えてもよいですが、ウッドプランターを手作りするというのもおすすめです。
ウッドプランターには好みの色をペンキで塗ることなどもできます。
庭の面積が小さい場合でも、プランターや鉢植えをほどよく配置することで、おしゃれな庭を作ることが可能です。
「狭い庭は道具を駆使する」。
同じく、庭が狭いために外構工事を行っても植物を置くスペースがとれないという場合は、「梯子に板を通して、スペースを作る」という手もあります。
横の空間がなければ、縦の空間を増やせばよいというわけです。
「場所に応じて、レンガの敷き方などを変えてみる」。
外構工事では、レンガを基礎に使うこともできます。
そのレンガも、色や形を変えることで、空間分けをすることができます。
「場所に応じて違うレンガを使う」「敷き方を変える」などすれば、同じ庭でも違う雰囲気の空間が作れます。
「丸い木を使う」。
丸い木を使い、囲いを作るという方法もあります。
そこに木の板を並べて道を作ると、一体感が出てきます。
木は古い物でも味が出ます。
また、歩く場所に応じて木の板の配置を変えたり、囲いの木に高低差をつけてみるのもよいでしょう。
「バラアーチを作る」。
バラ好きの人には、バラアーチを作ってみてはいかがでしょうか。
それなりに手間はかかりますが、キレイに咲き誇るバラを目にしたら、感動することは請け合いです。
庭にバラがあるだけで華やかになりますし、フェンスに沿う形で育成することも可能なので、バラ好きな人にはおすすめといえます。