エクステリアの危険な箇所の失敗

エクステリアを考える時に、まずなんと言っても見た目を気にすることが多くなるのではないでしょうか。自分の趣味などを合わせて、見た目を良くしたいと思ってしまうのです。特に新築を作る時などは、知識もあまりないので、見た目の判断で作ってしまうことがあります。
ところが後から、これはしまったと思うところも出てくるのです。その一つに、足元が危険であると思う失敗があります。ここでは、足元に注意をして作ればよかった失敗についてお話します。

・玄関前の階段
玄関は、道路よりも少し高い位置にあることにより、台風などの時に水が入ってこないようにできるなど考えて階段にすることが多いですね。ところがその階段を作ってしまうことにより、そこで躓いたりして怪我をすることがあります。階段は低くしているものの、やっぱり低いことも関係なしに躓くことがあるのです。特に足腰が弱くなっているお年寄りの場合は、躓いてしまう危険性が高くなります。そのことから、できるだけ階段はさけることをおすすめします。

・滑りやすいコンクリート
転倒してしまうのは、滑って転ぶことが多いです。その時、晴れている場合はそのことが少なくなります。しかし雨が降っているときやその翌日などは、転倒しやすくなっています。そしてそれは、エクステリアの場合でも起きることがあるのです。
滑りやすいコンクリートのしている場合は、滑ることになります。滑りにくいものもあるのでそれを選ぶことが大切です。

・駐車場の照明
車を駐車して降りる時も、転倒することがあります。特に夜にそのことが多くなりますね。暗い駐車場はとても危険です。そのことから、駐車場の照明を付けることがベストです。できれば駐車した時点で自然に点灯するものがいいと考えます。それだと、安心して降りることができますね。足もとが見えると、そこを見ることにより転倒を回避しやすくなります。夜はとても危ないので、そんな風に安心できるように作りましょう。